Ü Blog

Ü Blog

映画やグルメなど、好きなものを紹介していきます

名作映画「ビューティフル・マインド」実話を元にした衝撃と感動のストーリー※ネタバレ

どうも ゆうですÜ
今回紹介する映画は
ビューティフル・マインド

f:id:yumak0:20200704180252j:image

実話を元にした、アカデミー賞受賞作品の名作ですね〜!
もう観たことある方やファンはたくさんいると思いますが
私も大好きなので紹介せずにはいられない!

 

影山みほさんの映画解説総合メディア
MIHOシネマ」でも紹介されていますので、こちらもチェック

mihocinema.com

説明・あらすじ

原題:A Beautiful Mind(2001)
アメリカのヒューマンドラマ、伝記映画。監督はロン・ハワード
ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者ジョン・ナッシュの半生を描いた作品。
アカデミー賞で作品賞・監督賞・助演女優賞・脚色賞を受賞、ゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ部門)・脚本賞・主演男優賞・助演女優賞を受賞した。

変わり者の天才数学者ジョン・ナッシュは、若くして驚くべき理論を発見し、国際的な称賛の瀬戸際に立ち念願のMIT研究所に採用され、愛する美しい女性アリシアと結婚する。しかし米ソ冷戦下、彼の類い希な頭脳が暗号解読という極秘任務に利用され、彼の精神は次第に大きなプレッシャーに追いつめられていく……。


A Beautiful Mind - Trailer

ストーリー(ネタバレ)

・主な登場人物
ジョン・ナッシュラッセル・クロウ
アリシア・ナッシュ(ジェニファー・コネリー
チャールズ(ポール・ベタニー
パーチャー(エド・ハリス
ハンセン(ジョシュ・ルーカス
ソル(アダム・ゴールドバーグ)
ローゼン医師(クリストファー・プラマー

1947年第2次世界大戦後のアメリカ。数学者は、日本軍の暗号を解読し原爆を造り終戦に導いたと評価され、次の脅威はソ連だった。世界トップレベルの数学・物理科学の研究を誇るプリンストン大学には、天才科学者の卵が集結していた。人付き合いが苦手なジョン・ナッシュは、ルームメイトのチャールズという社交的な文学青年と出会い、唯一彼に心を開くようになる。ナッシュの夢は、世界を支配できる独創的な理論を見つけ出すことで、当時の最高軍研究機関マサチューセッツ工科大学(MIT)のウィーラー研究所で研究することだった。ナッシュは大学の授業や教科書は不要だと考え、独自の方法で研究に没頭するが、ハンセンら同僚から変人扱いされていた。しかし指導教授から、授業に出ず論文も提出しない君をどこにも推薦できないと言われてしまう。ナッシュは自分の研究テーマを論文にするため躍起になるが上手くいかず落ち込む。するとチャールズが「答えを見つけるには籠もっていないで外に飛び出せ」と助言する。ナッシュは行きつけのパブで研究をしはじめ、ある日美しい金髪女性が現れたとき、ハンセンから彼女をナンパしろとからかわれるが、ある理論を閃いた彼は自分の部屋に戻り、猛然とその理論を論文にまとめるのだった。遂にナッシュは150年来の経済理論を覆す、画期的で大胆な彼独自の「ナッシュ均衡」という理論を完成させる。指導教授は驚嘆しウィーラー研究所に推薦、ナッシュの念願が叶う。第1候補だったハンセンはナッシュの「全てを支配する理論」に敗北を認め、ナッシュは優秀な数学者ソルたちを研究所へ連れて行くことにする。

f:id:yumak0:20200704180305j:image

5年後の1953年、研究所のチーム主任となったナッシュは国防省ペンタゴンへ赴き、直感と想像力で難解な暗号がソ連スパイの潜入ルートであると見事に解読する。原子爆弾開発プロジェクト「マンハッタン計画」を監察していたパーチャーというCIAの諜報員は、ナッシュの能力を買い研究所裏の倉庫に連れていく。そこは秘密の暗号解読基地で、最新の設備と多くの科学者たちが働いていた。ナッシュはソ連の小型原爆の脅威からアメリカを救うため、暗号を解読する極秘任務を受ける。腕にラジウムダイオードを埋め込まれスパイとなったナッシュは、雑誌の文字の配列パターンから暗号を解読し、解読結果を極秘書類としてケンブリッジの指定された館のポストに夜な夜な投函しに行くのだった。そんなある日、ナッシュは研究所の自分の講義に参加する美しい生徒アリシアと恋に落ちる。彼女をパーティーに誘うと、ナッシュの胸ポケットに「幸運のお守り」としてチーフをプレゼントするアリシア。ふたりで夜空の星を眺め、アリシアの傘や蛸という言葉に合わせて、ナッシュは無限の星を指でなぞって形取り、ロマンチックな時を過ごす。デートを重ねて愛を深めるが、ナッシュは任務に夢中になり、アリシアの誕生日祝いのディナーに大遅刻してしまう。ナッシュは一生懸命謝り様々な色に光り輝くプリズムをプレゼントする。それに見惚れるアリシアに「僕らの関係は永遠に続く?証拠が欲しい。信頼できる経験的データを」とプロポーズするナッシュ。少し戸惑った彼女は「宇宙の広さはどのくらい?」と問う。「無限だ」「なぜわかるの?まだ証明されてないわ」「ああ、でも僕はそう信じている」「…愛もそれと同じよ」と言ってプロポーズに答えるアリシア。やがてふたりは結婚する。

f:id:yumak0:20200704180313j:image

1954年10月、いつものように解読結果をポストに投函しに行くと、突然パーチャーが車で現れ「尾行されている」とナッシュを乗せ、ソ連のスパイから逃げる。銃撃と壮絶なカーチェイスの末、ソ連の車を撒いて何とか帰宅するが、心配する妻アリシアに極秘任務のことは隠すのだった。命の危険を感じたナッシュは、パーチャーにスパイを辞めたいと言うが許されず、任務の重責と命を狙われる恐怖から、彼の精神は狂っていく。そんな夫の様子を案ずるアリシアは、ある一本の電話をかけるのだった。ある日ナッシュはハーバード大学で講師をするが、彼の理解不能な講義に眺望者からの視線が集まり、ソ連のスパイらしき男たちが現れる。講義から逃げ出すナッシュだが、外で捕まりローゼンという精神科医に鎮静剤を打たれ、精神病院に搬送される。実はナッシュは重い統合失調症で、現実と幻覚の区別がつかない状態だった。極秘任務も依頼人のパーチャーも彼の幻覚だったのだ。幻覚は大学院時代からあり、親友チャールズも彼が作り出した幻覚だったことが発覚する。信じられないアリシアは夫の研究室を見に行くが、そこには雑誌記事の切り抜きとメモだらけの異常な光景が広がっていた。アリシアは友人のソルから、夜な夜なナッシュが忍び込んでいた館について聞き訪れると、そこで決定的な証拠を見つける。館は廃墟となっており、壊れたポストにはナッシュが投函した極秘書類が山のように溜まっていたのだ。アリシアから涙ながらに事実を告げられたナッシュは唖然とする。その夜、自ら腕を切り埋め込まれたラジウムダイオードを探すが、血が溢れるだけで見つからない。それからナッシュは辛く苦しい治療を受け続けるのだった。

f:id:yumak0:20200704180323j:image

1年後、ナッシュは退院して自宅療養を始める。アリシアは生まれた子供の子育てと、夫の療養に献身的に尽くす。しかし薬の影響で愛を育むことができず、彼女の精神も悲鳴を上げ、ナッシュは妻を悲しませまいと飲むフリをして薬を断ち始める。すると再びパーチャーが現れ、最初は幻覚だと彼を拒むナッシュだったが、自宅裏の廃屋に連れて行かれると暗号解読の基地となっており、再び幻覚に飲み込まれてしまうのだった。夫の変化に気づいたアリシアは、彼が飲まずに溜めていた薬とメモだらけの廃屋を発見し、急いで家に戻る。任務に夢中のナッシュは赤子を放置してしまい、風呂場で溺れそうになるところを間一髪で救うアリシア。もう耐えられないと出て行こうとするが、ナッシュは親友チャールズがいつも連れている姪の少女が、ずっと成長していないことに気づき、遂に幻覚を悟って彼女を引き止める。真に治療を決意するナッシュと、それを支えると決めるアリシア。「現実を区別するのは、頭じゃなく、ここかも」とアリシアは呟き、そっとナッシュの胸に手を添える。それから療養に励み、ナッシュは社会復帰のため教授となったかつてのライバル・ハンセンとの友好で、母校プリンストン大学の授業を聴講し始める。未だ幻覚に悩まされ、学生にからかわれることもあるが、ナッシュは授業を聴講し図書館で独り研究を続けるのだった。

f:id:yumak0:20200704180331j:image

1978年10月、50歳となったナッシュのもとに、一人の学生が相談にやってくる。これまで教育に全く興味がなかったが、人が変わったように楽しく数学談義を始めるナッシュ。次第に彼の周りに学生たちが集まるようになり、そんな彼の姿に喜ぶアリシアとハンセン。そしてハンセンの許可でナッシュは大学で教鞭を取り始めるのだった。
1994年3月、教授となったナッシュの元に「あなたがノーベル賞候補に」との知らせがくる。ナッシュがかつて説いた「均衡論」が近代経済学の基盤となりトラスト規制法に応用されただけでなく、労使関係や進化生物学にまで応用され認められたのだった。ナッシュは他の教授たちから万年筆を贈られ、讃えられる。それは大学時代、ナッシュが論文を書けずに悩んでいた時、指導教授から見せられた光景で、彼は初めて業績を讃えられるという感動を実感するのだった。
1994年12月ノーベル賞授賞式で、ナッシュはスピーチする。「生涯を数に捧げ、未だに問い続けます。幻覚にも迷い、そして行きついたのです。人生最大の発見に。愛の方程式の中にこそ、本当の解があるのです。今の私があるのは君のおかげだ。妻こそ私のすべて。ありがとう」涙ぐむ妻アリシアを見つめ、ナッシュは胸ポケットから初デートのパーティで貰ったあのチーフを出しそっと口づけ、盛大なステンディングオベーションが巻き起こるのだった。

f:id:yumak0:20200704180341j:image

感想(ネタバレ含む)

感動っ・・・泣!!!
まさに傑作!何度観ても良い映画です
主演のラッセル・クロウはもちろん
妻役ジェニファー・コネリーの演技が素晴らしい
これまた彼女がため息出るほど美しいです!
こんなに美しい人この世にいる?!ってぐらい・・・おばあちゃん役でも美しい!

f:id:yumak0:20200704180439j:image
ラッセル・クロウグラディエーター
ジェニファー・コネリーはこの作品でファンになりました

グラディエーターも過去に紹介しているのでご参考まで

yumak0.hatenablog.com

また、親友役のポール・ベタニーも好き
この作品がきっかけで、彼とジェニファーは結婚したんですよね
素敵なご夫婦です

ラッセル・クロウポール・ベタニーが共演している他の作品はこちら

yumak0.hatenablog.com

学生時代はライバルでよくからかっていたハンソンも、後々良き友になるところは、また感動的なポイントです

 

しかし感動部分だけでなく、サスペンス要素もとても強く
観ていてすごくドキドキハラハラします!
最初に見たときは、まさか幻覚とは思っていなかったのでとても驚きました
色んな意味で心を揺さぶられる作品
パーチャー役エド・ハリスのミステリアスでどこか怖い雰囲気がまた良い味出してます
学生時代は自由で陽気な親友のチャールズも、だんだんと不可思議に見えてくる
彼の姪の女の子も然り・・・そして彼女の存在が幻覚を自覚する鍵となるんですね

色々調べると、ナッシュの心の葛藤人生のターニングポイントで幻覚の人物が登場しているようです
学校に馴染めず不安になっているところにチャールズが現れ
仕事が無くて堕落していたときにパーチャーが現れ
結婚に踏み切ろうとしたときに女の子が現れ・・・

f:id:yumak0:20200704180512j:image

俳優も豪華で素晴らしいですが、もうひとつ感動を与えるのは名台詞
プロポーズのシーンも、最後のノーベル賞受賞のスピーチも、心にぐっときます!
これは数学者でなければできない、彼らしい台詞!
それに応えるアリシアの名回答も素敵です

ストーリーでは割愛してますが、もうひとつロマンチックなシーンをご紹介
ピクニックデートで口数の少ないナッシュに「何を考えているか教えて」というアリシアに対し、彼はこう答えます
「君を魅力的だと思うし、君の積極的な態度から同じように僕のことを見てくれているのはわかる。でも形式として、セックスする前にプラトニックな関係をたくさん続ける必要がある。だからこうしているのだけど、実際のところ僕は早く君と交わりたい。・・・僕を叩くかい?」
そしてふたりはキスをして、「この結果はどう?」と答えるアリシア
何とも数学者らしい理論的な口説きですね〜!一歩間違えれば本当にぶっ叩かれそうですが笑

 

さて、「ナッシュ均衡」って結局どうゆう理論?と思っていたところ
めちゃめちゃわかりやすい解説動画があったので載せておきます


90秒で分かるゲーム理論のナッシュ均衡って何? | スナックコース | ShareWis [シェアウィズ]

2015年5月アーベル賞授賞式からの帰路、ご夫婦はタクシーの交通事故により亡くなってしまいました
ナッシュは86歳、アリシアは82歳
当時ニュースを見て衝撃を受けたのを覚えています
おふたりには温かいベッドの上で安らかに眠って欲しかった・・・非常に残念です
実際は数年後離婚し、再び復縁したそうで、長い人生色々あったのでしょう

しかしふたりだからこそ、病気と闘いながら偉業を成し遂げられたのだと思いますÜ